スタッフブログ

天下人 徳川家康 1

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。        

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

家康

 

 徳川家康の言葉をいくつかご紹介しようと思います。

 

 人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。

 

 人は誰しも何かを背負いながら、長い人生を生きている。無理に急げば

自滅を招く。機を待つことも大切だという事を説いているのだと思います。

 

 しかしながら今の時代はおちおち機を待つとも言ってられません。ネットの普及で時間の概念が崩れたからです。

 従って、機を待っていたんじゃ遅いという事があります。とにかく挑戦しなければなりません。話はそれからです。

 

 もう一つ。

 

 この鳥は自分の鳴き声が劣っているので、他の鳥のなき語をまねて、その無能を覆い隠している。

 

 人真似はいずれバレます。大きく成功する人は必ずオリジナリティを持っています。フォロワー、追随者ではだめだという事です。真似の域を脱さなければ、偽者である事は消費者は見抜くという事です。

 オリジナリティーで勝負したいですね。