スタッフブログ

脳の寿命は120歳

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。  

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

脳の寿命

 世の中多くの人が歳を重ねる事にネガティブな印象をお持ちではないでしょうか。

 前にも書きましたが、脳に関しては他の臓器と少し違う特徴があります。人間の体は歳を重ねるごとに劣化していくものですが、脳には歳をとっても使われていない部分や、歳を重ねる事で使いこなせるようになる部分があるそうです。

 

 細胞の多さでは生まれたて赤ちゃんの時が一番多いです。そこからだんだんと歳を負うごとに減っていくんです。アルコールは飲めば大量の脳細胞を破壊するそうなので、好きな方は節度を持って飲んだ方が良いかも知れません。心の病なども脳細胞の減少に繋がるようです。

 生まれたてが一番脳細胞が多いというのは、クリティカルエイジと言って0歳~6歳の期間に言語や習慣など、生きる上での基本的な部分を全て脳にインプット出来る様になっているんですね。言語などは歳を取れば取るほど覚えられなくなるものです。

 

 話を戻しますと、脳の場合言い換えれば歳を重ねても形を変えて成長するといったことが言えると思います。80~90代の人の脳も成長し続けていることがMRIによる解析で明らかにされているようです。脳は臓器の中では一番寿命が長く、鍛え続ける事で120歳まで生きるそうです。