スタッフブログ

軽貨物運送業 代表ストーリー ③行動

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                   

  横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

行動

 

 行動だけが現実を変える。

 

 それから私は変わるためにいろいろな挑戦を始めました。高卒で劣等性だった私は本もろくに読めませんでしたが、実用書を中心に噛り付く様に読み漁ったり、当時働いていた居酒屋でも店長を引き受け、積極的に上に立って皆を引っ張る努力をしました。難しい資格試験にも挑戦しました。

 

 そうして離婚から5年間が経ち、その間様々な努力をしたつもりでしたが立場的にも経済的にも成功しているとは言い難い状況でした。結果的に何一つ変われていない自分に半ば失望していました。私はこのまま何者でもない人生を闇雲に過ごしていくだけなのか。考えたくない感情が頭の中を巡りました。

 

 そんな時ふと同僚の言っていた言葉が頭を過ぎりました。「人が変わる為に必要なものは、環境を変える事と感動を得る事だ。」

 

 私は長男でしたので、周りは皆私がこのまま実家を継いでいくものだと思っていました。しかし当時父親はまだ生前で病気の為自宅療養していました。加えて母も歳のせいか長年勤めていたパートにも行かなくなっていました。私も自分が食べていく収入を得るだけで精一杯でしたので先の事を考える余裕さえありませんでした。

 

 このままだと全てがジリ貧だ…と感じた私は賭けに出る事にしました。

 

 経済的に何かのチャンスを得ようと思えばよりお金が回っている地域に身を投じるしかない。後は自分次第だ。例えるならカナズチの人が自ら海に飛び込むようなものです。しかしそこで必死にもがいて苦しんで泳ぎを手に入れることも出来ます。無我夢中で勉強し働いた5年という月日と、息子への強い思いが私に根拠の無い自信を持たせていました。

 

 そうして私はそれまでの自分を全て捨て、38歳という年齢で上京したのです。

 

 続きは次回で!