スタッフブログ

軽貨物運送業 代表ストーリー ⑤独立

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                     

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

 

独立

 

 雑草の様に踏みつけられました。  

 

 私は希望に胸を膨らませながら事業をスタートさせましたが、蓋を開けてみると一向に仕事の案件の情報をくれる気配がありませんでした。グループ企業で仕事はいくらでもあると言われ安心していましたが、仕事が無い事にはドライバーを雇うことも出来ません。相談しようと電話しますがレスポンスが悪く何日も連絡が取れないなど、不誠実な対応が続きました…「また騙されたのか。」

 

 実際この業界は過去に裁判沙汰になったなんて話は良く聞いていましたし、結局はフランチャイズのロイヤリティー目当てに話を持ちかけられたんだと理解するしかありませんでした。仕方なく私は手探りで仕事を提供してくれる業者を探しました。

 

 しかし最初からしっかりした業者と取引できる訳ではありません。会う人会う人良い話をしてくれますが、実際の仕事となると比較的過酷で運賃も安く割に合わないものばかりでした。

 

 結局何処も一緒で、如何にして利用してやろうかとしか考えていないんだ…。私はそんな現実に辟易し、ついにこの業界が大嫌いになりました。そこで私はやっと気付きました。回りは敵だらけで世の中は弱肉強食の世界だということに。

 

 あれから2年と4ヶ月、決して楽だった訳ではありませんが何とか少しづつ契約ドライバーも増え、昨年9月の法人化を経て今に至ります。度重なる困難にもめげずに挑戦して来れたのは心の奥底に息子の存在があったからでした。 もう彼に直接的に何かをしてあげることは出来ませんが、それでも私が唯一彼にしてあげられる事は一生懸命に生きる事だけです。

 

 起業して分かった事があります。それは社会の中で何かの役に立つ為に一生懸命努力する事が自分自身の存在意義にも繋がる、という事です。この事をいつか彼に伝え父として認めてもらう為には、この軽貨物運送業での成功に賭ける事しか今は考えられません。更には、私はこの業界と出会い起業する事が出来なければ今頃何をしているか分かりません。他に何かあるかと考えても現実的には出て来ません。是が非でも成功して、きっかけを与えてくれたこの業界に恩返ししたいと考えています。