ビジネス心理学など

ゲーリーシネック ゴールデンサークル

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                           

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

シネック

 

 アメリカの人気コンサルタントで作家のサイモンシネックはリーダーの考え方のモデルとしてゴールデンサークルを考え出しました。

 

 世のどんな人も、どんな組織も、自分が「何を」しているのか100%理解しています。自分と他者を差別化する能力や価値を知っているということです。しかし、「なぜ」自分はそれをやらなくてはいけないのかを理解している人や組織は非常に少ないのです。

 

 「何を」ではなく、「なぜ」を示したときに人は行動します。 優れたリーダーや組織は「なぜ?」「どうやって?」「何を?」の順に考え、行動し、コミュニケーションを取ります。

 

 物を売る事は、ビジョンを一緒に信じてくれる人に売ることがゴールです。そして組織は、ビジョンをシェアできる優秀な人材を雇うべきなのです。

 つまり人は単なるやり方ではなく、「使命感」「志」によって動かされる訳です。

 

 自分はなぜこの仕事をやっているのかを、常に一番に語れる経営者でありたいと思います。

 

 

先延ばしが悪い訳

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                   

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

先延ばし

 日々生活する中で、これをやらなければ!というケースはよく出てくるお話ですね。でも往々にして先延ばししてしまう事が多いのではないでしょうか。

 何かを勉強しても、なかなかアウトプットすることが出来ないのも同じ事が言えると思います。

 

 タイムマネジメントの専門家リタ・エメットはそれについて二つの見解を挙げています。

 

 ① 先延ばしすると、しなかった時より2倍の労力と時間がかかる。

 ② 先延ばしの原因は「準備が出来ていない」「今は時間がない」といった、完璧に拘った結果である。

 

 先延ばしすればするほど不利になる事は明白ですね。

 思考で考えると出来ない理由を探してしまいがちですまずやってみてから考えてみてはどうでしょうか。やってみたら意外と楽しくやれたという事もあるかもしれません。まずは考えずにやってみましょう。

ピークエンドの法則と後引きしぐさ

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                 

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

ピークエンド

 

 ビジネスにおいて、印象は非常に大切な要素のひとつです。

 

 第一印象が肝心とよく言われますが、かと言ってそれさえ気を付けていればいいというものではありません。

 

 アメリカの心理学者ダニエル・カールマンは、2人の被験者にノイズを聞かせる実験を行いました。Aの被験者には一定音を、Bの被験者にはAの被験者より長く聞かせ、終わり際に少しレベルを落として聞かせました。結果、Bの被験者の方が不快感を感じるレベルが低かったそうです。

 

 人の印象はピーク部分とエンド部分により多く残ります。終わりよければすべてよしという事ですね。ビジネスにも多いに活かす事が出来そうです。

 

 もう少し深堀りすると、江戸時代にいかにも日本人らしい礼儀がありました。「後引きしぐさ」です。

 「後引きしぐさ」は、江戸時代の人が「人との上手なつきあい方」「公衆でのマナー」として使っていた「江戸しぐさ」と呼ばれる所作で、人と別れた後にすぐ立ち去るのではなく、少し離れてからもう一度振り返り、別れる人と視線を合わせ会釈します。

 

 また利用したい、また一緒に仕事がしたいと思って貰うために活用できるスキルですね。別れ際だけでなく、アフターフォローの電話やメールなども同じように効果がありそうですね。

 

 

ジャネーの法則

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。              

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

ジャネー

 

 人間誰しも年を取るごとに時間の流れが早くなっていく感覚を覚えるものです。フランスの哲学者ポール・ジャネーはその事を法則として提唱しています。

 

 皆、子供のころは何事にも好奇心旺盛で毎日が刺激に満ち溢れ、充実した時間を過ごしていたはずです。それが大人になり、社会のシステムに加わる事で単調な生活の繰り返しを経験し、段々と新鮮さを忘れ、その結果あっという間に時間が過ぎていく様になってしまいます。

 

 それを打開する為には、意識して生活に変化をつけていく事です。いつも接している当たり前の事にも敢えて疑問を持ってみたり、興味のある分野の探求をしてみたり、細かい事からでいいので少しづつ変化をつけていくことで生活が単調でなくなり、少しづつ充実してきます。

 

 年を重ねても活き活きと充実した人生を送る為に、少しの変化を楽しんで行きたいですね。

 

 

ハロー効果

  いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。        

  横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

 ハロー効果

 

  以前、専門性の社会的権力でも触れましたが社会的に知名度が高く、実力も兼ね備えた人物や団体或いは物などを味方に付けることで自分自身の評価も上げることが出来ます。これを ハロー効果 と言います。ハローとは後光を表す言葉です。

 

  人間はある対称を評価するとき、特定の面だけで無く全体を見て判断する傾向にあります。従って自分だけでなく周囲の状況も加味して評価されるということです。

 

  会社の取引先や知人で知名度の高い人がいれば、積極的に情報発信していくべきだと思います。そうすることで相手の宣伝にもなりますし、自身の評価にも繋がる訳です。

 

 

 

ヴェブレン効果

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                  

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

ヴェブレン効果

 以前スノッブ効果を記事にしましたが、それと似た様な心理にヴェブレン効果があります。ヴェブレン効果とは、例えばブランド品。それを手に入れる事自体に消費欲求が生まれます。高価なものに対しての所有欲求と言い替えてもよいかも知れません。

 

 では運送業などに転用する事はできるでしょうか?

 難しい問題ですが、サービスに何らかの付加価値を付けることで可能になるかも知れません。大手だと1時間以内お届けだとか、3PLだとか。これも付加価値を付けブランド化していく一環でしょう。

 

 他にない何かを確立出来れば、高い運賃で走れる便も増えてくるかも知れません。なかなか差別化が難しい業種ですので努力が報われるようになって欲しいものです。

 

専門性の社会的権力

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。              

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

権威 人は、専門家の言動には無意識に従ってしまうという心理があります。例えば、私たちが病院で医師に病状を聞くときなど無意識に信用しています。

 これをマーケテイングに応用した例が監修商品などです。カップラーメンなど、有名店監修として商品開発する事で信用を獲得して売上げアップに繋げるやり方です。

 

 運送会社ではホームページに取引先の会社名や取引先銀行名を表示している場合、その会社や銀行に知名度があれば専門家の権威と同じ効果を期待出来ます。また、業界誌などに取り上げられた事などありましたら、その記事を載せてみるのも良いと思います。

 

スノッブ効果

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。            

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

 

スノッブ

 

スノッブ効果とは、希少性や限定性を出して購買意欲を高める手法です。希少性や限定性を提示することで付加価値が上がり、ブランド化や単価の引き上げにも繋がります。

 

  運送業で言うと、一見保有車輌が少ないとデメリットに思えますが、希少性を付けることで一気に需要が高まります。例えば、保有車輌2台しか無といえば何処も相手にしてくれないイメージですが、常時フリーの車輌が2台御座います!となれば何かしら仕事を依頼されることもあるわけです。

 

  考え方一つで未来は大きく変わるはずです。何事もポジティブな方向に考えて正解です。そして忘れてはいけないのが、それに対して行動し努力することです。頭の中で考えているだけではいくらポジティブになっても現状から抜け出すことは出来ないからです。

 

  今あることをポジティブに考え、一歩を踏み出すことからスタートですね!

 

 

 

 

 

 

ウィンザー効果

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。  

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

「標準運賃」は特効薬か? 進まぬ荷主との運賃交渉

海老名JCT/圏央道内回り東名方面ランプウェイ、2車線化運用開始

 

 

image

 

  ウィンザー効果とは、他の誰かがその商品やサービスに対して評価していると、不思議とその評価を信じてしまうこと。

  今でさえネットの時代で、何かと言えばお客様の声などが使われていますが、本来人間というのは噂話が大好きな生き物です。皆が認めていると聞くとついつい買ってしまうこともあるかも知れません。これも社会的欲求の一部だと言えるでしょう。

 

 噂話は多ければ多いほど信頼が生まれます。ホームページはもちろん、ニュースレターやマスコミへのプレスリリースなど、出来るだけ多くの媒体で出来るだけ多く露出させることで、自社のブランディングにも繋げて行くことが出来るはずです。

 

 

バーナム効果

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

谷口商事 リサイクル事業展開、機密文書を出張細断

TKSL/イトーヨーカ堂のネットスーパー、搬送システム構築

 

バーナム

 

 バーナム効果とは、抽象的で誰にでも当て嵌まりそうな問いかけに対し、ほとんどの人が自分の事だと錯覚してしまう現象。

 占いなどで、何でこんなに当たるの??と思った事もあるでしょう。それはこの現象に嵌ってしまった証拠かもしれません。

 例えば、不特定多数の人に全く同じ結果を示してもほとんどの人が自分に当て嵌まると感じてしまうということです。

 

 これを実際のビジネスの場で使うとすれば、やはりホームページのキャッチの部分やブログ、SNSなど文章を使う部分でテクニックとして用いるやり方でしょう。

 仮に運送業の営業だと、「運送業者を探しているが、どれも同じで選び方が分からないという業者様。」「自社のドライバーが不足している。」などは何処でも当て嵌まると思います。

 

  営業用の広告などで意識して使ってみてはどうでしょうか。