「人生のサプリ」偉人の言葉

心に留めておきたい言葉~ニーチェ

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                           

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

ニーチェ

 

 樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、 それは果実だと誰もが答えるだろう。 しかし実際には種なのだ。

 

 物事は本質を見ろ!という言葉です。

 

 人は誰しも目先の欲に惑わされがちです。最終的な利潤、すなわち結果。結果が全ての世の中にあって、果たしてその結果は何によってもたらされたのか。をニーチェは言おうとしているのではないでしょうか。

 

 種とはプロセスです。そしてそのプロセスは勇気ある第一歩から始まるのです。

 勇気を出して種を蒔きましょう。物事の全ては原因と結果であるならば、原因を作るための第一歩を踏み出しましょう!!

 

 

アルベール・カミュ 大好きな言葉

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                         

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

アルベルト カミュ

 

  涙が出そうになるくらいに、生きろ。

         Live to the point of tears.

 アルベール・カミュ(フランスの作家、劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1913~1960)

 

 死にそうなくらいに辛かった過去があったりする人ほど、情熱的に生きる事が出来るんだろうなと思います。

 ネガティブな出来事を逆手にとって上手く考えることが出来た。それを前向きに生きる為の糧に出来たときに初めて自分の人生も展開していきます。

 思い出すたび涙が出る。どんな出来事を重ねて行ったほど人間的な深みと、生きる為の推進力を得られるのです。

武田 信玄 兵法の心得

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。                       

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

 

信玄

 

 戦いは五分の勝ちをもって上となし、七分を中とし、十を下とす。

 戦勝は五分が一番良いとする兵法。七分では油断する。完全に勝利すると驕り高ぶる。

 

 スクールウォーズのモデルになった京都伏見高校の山口監督の座右の銘に、「満れば欠ける」という言葉がありましたが、それに通じるものがあると思います。

 戦いに限らず何事にも同じことが言えて、常に自分の中に何かを取り入れられるように、少しの余裕を持っておくことは大事ですね。良きことも悪しきことも、ギリギリいっぱいでは振り回されて終わりです。

 

 常に心に余裕を持っていきましょう!!

 

 

 

 

高杉晋作、辞世の句には続きがあった!!

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。              

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

辞世の句

 

  おもしろき  こともなき世を  おもしろく

 

 言わずと知れた高杉晋作の辞世の句です。しかしこの句には続きがあることをご存知でしたか?

 本当の句は「こともなき世」ではなく、「こともなき世」だと言われています。そしてその後に下の句をつけたのが当時高杉に様々な援助をしたとされる幕末の女流歌人、野村望東尼です。

 

 おもしろき  こともなき世に  おもしろく      すみなすものは  心なりけり 

 

 正に、人生を面白くするもしないも自分の心次第だよと教えてくれています。下の句が付いたことでこの歌がよりハッキリと響きますよね。

 

 私たちが生きる現在は、実にこれから急激に変革を遂げていくであろう過渡期と言えます。そんな時代にあり、人が生きていくのに何が必要なのかを考えてみると、やはり既存の「当たり前」に流されてしまうのではなく、しっかりと自分の頭で考え行動する事が大事だと感じます。

 高杉や望東尼もまた時代の過渡期を生き、大切な事を教えてくれているのではないでしょうか。

 

方丈記から

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。        

  横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

image

 

  行く河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず、 よどみに浮かぶ泡沫は、且つ消え、且つ結びて、久しくとどまりたるためしなし、 世の中にある人と住家と、またかくの如し。 

 

  方丈記の一節です。私たちが生きている世界は、川の流れの様に常に絶えず動いています。

  普段何気なく過ごしているとついついそのことを忘れてしまいがちです。しかしこの 「流れている。変化している。」ことを常に意識していないと人生上手く生きていく事は出来ないでしょう。

 

 子供の頃を思い出してください。今と何が違うでしょうか。生活仕易くなったでしょうか、仕難くなったでしょうか。一つ一つ分析し、考えてみませんか。そして今起こっている事を日々のニュースやネットの情報などから学び、精査して自分の中に落とし込んで見ませんか。これからどう生きていくべきかが見えてくるはずです。

 

 流れに逆らわず上手く泳げたとしたら、いつの日か大海に出ずる日がやってくるかも知れません。

福沢諭吉 維新時代の思考

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。      

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

諭吉

 

 福沢諭吉はいわずと知れた慶応大学の創始者です。

 

 人は生まれながらにして貴族貧富の別なし。

 ただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、

 無学なるものは貧人となり下人となるなり。

 

 福沢諭吉は上野戦争のときも慶応義塾で講義をしていたそうです。

 それだけ知識というもに可能性を感じ、それを広めて行こうとする情熱があったんだと思います。

 

 現在も、あのころのように時代が大きく動いていると思っています。

 今こそ、未来に向けて知識を得る時ではないでしょうか。

苫米地英人博士 志が人生を創る

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。    

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

苫米地博士

 

 苫米地英人氏は、東京都出身の認知科学者。現在も多方面で活躍されています。

 

 あなたが社長になりたければ、社長になれます。

 部長でよければ、部長になります。

 だけど、もっとすごい夢を持ってください。

 すごい夢を持つほど、あなたは大きく変わることができます。

 

 子供のころ、何の先入観も持たずただ彼方まで続く青い空を見上げ「この空の先には何があるんだろう。どんな人たちがいるんだろう。」と思いを馳せ、自分自身の小ささを感じたあのころを純粋に思い出させてくれます。

 

 自分自身の本当の姿と言うのは、実は子供のころにあるのかも知れません。

 誰もいない静かなところでゆっくり深呼吸をして、その後目を閉じ、子供のころ純粋だった時、自分はいつも何を考え何を夢みていたのでしょうか。

 思い出してみるといいかも知れませんね。

 

 

杉田玄白 時代を超えて響く言葉2

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。          

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

蘭学事始

 

 一滴の油を広い池の水にたらせば、散り広がって池全体に及ぶ。

 

 玄白の著書「蘭学事始」の中の言葉です。「解体新書」から50年が経ち、蘭学が全国に広がり色々なジャンルのオランダ語の翻訳書が出版されたことを受けて、玄白が抱いた思いです。

 いわゆる流行を言っているのですが、自分を起点にしてそれが正に今起こっているという感動と、そのうねりのエネルギーの大きさに対しての驚きがこの言葉の中には内包されているんだと感じます。

 

 何か大きなムーブメントを引き起こすような原因。この言葉で言うところの油を意識して見つけ出すのは並大抵ではないのかも知れません。しかしながら必ずしも大きなことが出来なくてもいい。たとえささやかであっても周りに影響を与え、先導出来るような思想行動をとって行きたいものです。

 

 一方それとは真逆に、何か悪い要因が一つでもあるとすぐさまそれが散り広がっていくのもまた然りです。特に会社組織などでは当てはまることであると思うので気をつけたいですね。

 まずはリーダーが先頭に立って、良い空気を広げていく事が必要だと思います。

杉田玄白 時代を超えて響く言葉1

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。          

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

杉田玄白

 杉田玄白は江戸時代、解体新書(かいたいしんしょ)を作成した医学者。

 

 初めて発する者は人を制し、遅れて発する者は人に制せられる。

 

 今の時代も何ら変わらない、ビジネスだけで無く色々な物に同じ事が言えます。先手必勝と言いますが、やはり人の世の原理原則というのは昔話の時代から変わらずであるということです。

 

 全く誰もやっていない事でなくてもいい。今ある物、取り組んでいる事の中で少しでも他と違った特徴。自分だけ自社だけのオリジナリティを持てたら、それは大きな武器となるはずです。

 

 

大隈重信 胸を打つ言葉

 いつもご覧頂きまして誠に有難うございます。本日もあなたの日常に少しのプラスを。        

 横浜市都筑区にて軽貨物運送業を営んでおります。合同会社 キャリーブルーム 山根です。

 

大隈重信

 

 大隈重信は明治維新後活躍した政治家であり教育者で、外務大臣や内閣総理大臣を歴任。その間に早稲田大学を創立。後に早稲田大学総長となります。

 

1889年 大隈重信が江戸幕府が結んだ不平等条約を改正するために外国と話し合うが、失敗する。その失敗のために青年に爆弾を投げ込まれ、右足を失う。

 

 これで片足がなくなったから、血のめぐりが良くなる。

 

 

 間違ってもなかなか言える言葉ではありません。重信は実にこの9年後、内閣総理大臣となります。

 なんと言うしぶとさ、図太さでしょう。この時代の男の、強く揺るぎのない精神を感じずにはいられません。

 

 近頃はいい大人がちょっとした事でへそを曲げてしまう姿をよく目にします。そういった方は主観ですが決まって仕事でも私生活でも良いポストには就けていません。

 どんな苦境がやってこようとも毅然と受け入れ、許容し、人生を堂々と生きる。憧れてしまいますね。男として、強く生きたいものです。